後払いできる印鑑・はんこ通販サイト

本ページはプロモーションが含まれています

ここを見れば後払い決済を使って印鑑、はんこが買える通販サイトがわかります。
安心して購入できる、おすすめの印鑑通販サイトをまとめています。
個人印鑑も法人印鑑も作成可能。
後払い決済で買えば印鑑を受け取った後に支払いができるので、今すぐ欲しい人にもおすすめです。

後払い印鑑・はんこ通販サイト一覧

はんこプレミアム

後払いについて

・PayPay(クレジット)※旧あと払い
・当月に利用した金額を翌月まとめてお支払い

ネットショップのみの販売なので、同材質でも他社の半値程度と格安で印鑑を作成できます
彫刻される前に印影デザインを無料で確認できるサービスもあり、納得のいく印鑑を激安でオーダー可能。
すべての印鑑に10年品質保証つきで安心です。
宝石印鑑は若い方に大人気。

送料│540円:5,400円以上無料
配送│3営業日内発送

はんこdeハンコ

はんこdeハンコ

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料209円
・請求書は商品とは別に郵送
・支払い期限は請求書発行から14日以内
・ご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)迄

激安で高品質な印鑑・はんこ・ゴム印などを販売しているはんこ通販サイトです。
個人・法人向けの印鑑・お名前スタンプ・シャチハタ・おしゃれはんこなど幅広くラインナップ!
印鑑を買うと持ち運びに便利なソフトケース付き。
旧漢字・旧字体も対応、印鑑10年保証あり、発送前に無料で印影のプレビューを確認できるので安心です。

オーダーメイドで作成できる人気の卒業記念印鑑は早めの注文で最大30%割引!
卒業生の人数に応じて1本から大量注文まで可能です。
「即日出荷対応商品」は午前中までのご注文で即日出荷
即日出荷希望の場合は事前に電話連絡が必要になります。

送料│550円:5,000円以上無料
配送│3営業日内発送

平安堂

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料220円(税込)
・請求書は商品とは別に郵送
・支払い期限は請求書発行から14日以内
・ご利用限度額は累計残高で50,000(税込)迄

印材・彫刻技術の圧倒的クオリティ!
高級印材中心の印鑑を作成している印鑑ショップ。
黒水牛・アグニや宝石印鑑、プレミアムウッドなど希少な印材を使った印鑑が人気です。
王様のブランチで取り上げられた「花の印」は名前と一緒に花模様を彫刻した印鑑です。
見た目も華やかで、偽造防止にも役立ちます。

カラーストーンや誕生石など好きな石を3つ入れることができる「輝きの印」は世界に一つの印鑑としてプレゼントにもおすすめです!
また、数々の受賞歴を持つ職人による完全手彫り印鑑など、こだわりある印鑑を持ちたい人におすすめ。
親から子へ・祖父母から孫へ・プロポーズで指輪と一緒になどギフトシーンにも対応。
印鑑彫り直しサービスもあるので安心
印鑑供養も承っています。

スピード納期対応商品は昼12時までの注文で翌営業日出荷です。
スピード納期は1本につき1,100円(税込)かかります。

送料│770円〜:11,000円(税込)以上無料
配送│最短5営業日から10営業日

会社印鑑ドットコム



後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料209円
・請求書は商品とは別に郵送
・支払い期限は請求書発行から14日以内
・ご利用限度額は累計残高で55,000円(税込)迄

会社印鑑に特化した専門サイトです。
単品はもちろん、2本セット、3本セットなどニーズにあった組合せが選べます。
高品質で激安、即日出荷や10年保障などお得なサービスが満載。
起業・開業におすすめのお得なセット、会社でよく使う印鑑が揃ったパーフェクトセット、デザイン印鑑、チタン印鑑、電子印鑑など、豊富な品揃えです。

「即日出荷対応商品」はご注文前に電話連絡をして、午前中までにご注文すると即日出荷可能です。

送料│550円:5,000円以上無料
配送│3営業日内発送

株式会社ハンコヤドットコム(R)

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料250円
・お支払い用バーコード付きの請求案内メールを送付
・支払い期限はメール受取後14日以内
・54,000円(税込)以上のご注文には利用不可

年間41万件販売、日経新聞にも取り上げられる日本最大級のはんこ総合通販サイト。
取り扱っている印鑑の種類がとにかく豊富!
初めてでも説明が丁寧で分かりやすく、購入前にカスタマーサポートに相談OK。
高品質で激安、特殊な苗字、旧字体も無料で対応。
おしゃれでかわいい135種類のカラフルな「おしゃれはんこ」は女性や子供に人気です。
また、印鑑以外にもシャチハタなどのスタンプ類、名刺やカレンダーなどの印刷物、表札やネームプレートまで多種多様のオーダーメイド商品をご用意。

SPEED発送サービスでは「即日出荷対応商品」を午前中までにご注文で当日に出荷可能です。
注文前に電話連絡が必要となります。

送料│550円(税込):3,980円以上無料
配送│最短即日出荷

ハンコヤストア

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料250円
・お支払い用バーコード付きの請求案内メールを送付
・支払い期限はメール受取後14日以内
・54,000円(税込)以上のご注文には利用不可

年間63万件以上の出荷実績を誇る印鑑専門通販サイトです。
個人印鑑、法人印鑑、おしゃれはんこ、チタン印鑑、宝石印鑑、そのほか印鑑グッズもあります。
高品質な印鑑を安い値段で提供しています。
購入された印鑑の「摩耗」「摩耗による印面の欠け」は、彫り直し10年間保証付きなので安心です。
個人印鑑も法人印鑑も対象となっています。

送料│650円:メール便無料
配送│最短即日出荷

印鑑はんこ製造直売店@小川祥雲堂

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料250円
・お支払い用バーコード付きの請求案内メールを送付
・支払い期限はメール受取後14日以内
・54,000円(税込)以上のご注文には利用不可

印鑑、実印、シヤチハタ、銀行印、ネームペン、はんこの製造直売店。
個人印鑑、法人印鑑、キャラクター、スタンプ、お名前シールなどもあります。
女性や子供におすすめのおしゃれ可愛い箱も豊富です。

送料│750円(北海道・沖縄県1400円):3,980円以上無料
配送│3日以内に発送

笑印堂

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料250円
・お支払い用バーコード付きの請求案内メールを送付
・支払い期限はメール受取後14日以内
・54,000円(税込)以上のご注文には利用不可

明治42年創業の品質にこだわる印鑑専門通販サイト。
印鑑、ハンコ、ゴム印、スタンプもあります。

送料│200円〜:3,980円以上無料(定形外郵便は1,000円以上無料)
配送│4日程度

はんこ祭り

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料250円
・お支払い用バーコード付きの請求案内メールを送付
・支払い期限はメール受取後14日以内
・54,000円(税込)以上のご注文には利用不可

一生モノの印鑑や、かわいいイラストはんこ・スタンプを販売しています。
ここだけの限定カラーも取り揃えたチタン印鑑、可愛い和柄の印鑑などもあります。
10年保証つきなので、印面の磨耗や欠けが生じた場合、彫り直ししてくれるので安心して購入できます。

送料│660円:3,980円以上無料
配送│5~10営業日以内

はんこ奉行

後払いについて

・NP後払い
・後払い手数料250円
・お支払い用バーコード付きの請求案内メールを送付
・支払い期限はメール受取後14日以内
・54,000円(税込)以上のご注文には利用不可

キャップレスで手軽に使いやすいキャップレスハンコは限定カラーもご用意!
個人と法人の実印、銀行印、認印、角印、ゴム印なども揃っています。

送料│700円:3,980円以上無料(沖縄・一部離島は9800円以上)
配送│1〜10営業日後の出荷

印鑑・はんこの種類について

印鑑にはたくさんの種類があります。
それぞれ使用用途も違いますので、目的に合った印鑑を作成しましょう。
こちらでは印鑑の名称と使い方などの特徴をまとめてご紹介します。
これから新しく印鑑を作成する人は、ぜひ参考にしてみてください。

実印

住民登録をしている市区町村に印鑑を登録して使用するはんこ。
実印は印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領時に使用し、戸籍上の文字をフルネーム彫刻します。
他人に対して自分を証明できる印鑑なので、一生涯にわたって長く使える素材を選ぶのがおすすめです。

未婚の女性は結婚して名字が変わる可能性があるので、名前で実印を作成する場合が多いです。
ただし、役所により実印は姓名彫刻しなければならないところもありますので、作成前に念のため住民登録している市役所に確認してみましょう。

銀行印

銀行印は主に銀行の口座開設、金融機関への届け出の際に必要な印鑑のこと。
三文判でも登録できるので三文判を利用している人も多いですが、できれば長持ちする質のいい印材が良いでしょう。
紛失や盗難などのセキュリティ面を考えて、登録する金融機関に合わせて作り分けるのがおすすめ。
登録した印鑑が欠けてしまった場合、その印鑑が無効になる場合があるので、耐久性の高い素材の印鑑がいいですよ。

認印

認め印は宅配便の受け取り印や仕事での確認印、訂正印などもっとも幅広く使われるはんこ。
シャチハタなどのインク内蔵型が主流になってきていますが、重要な書類等には朱肉を自ら付けて捺す認め印が必要となる場合もありますので、ひとつ持っていると便利です。

また、使う場面が多い分、人目に触れる機会も多いので、セキュリティ面を考えると銀行印とは別にしておくのがおすすめ。

三文判

大量生産、安く売られているはんこのことを言います。100円均一のお店などでも販売されています。
一般的に認印として利用されています。
印鑑登録をすれば実印として使用することも可能です。

法人印

法人印とは、会社で使う印鑑の総称です。
社判、会社印、法人印鑑と呼ばれることもあります。
大きく分けて「実印」「銀行印」「角印」の3つがあります。

  • 実印(代表者印):法務局に対して登録を行っている印鑑で、代表者印とよばれることもあります。
  • 銀行印:会社が銀行に届ける印鑑のことで、預金の支払いや手形、小切手に押印するときに使います。
  • 角印:会社の認印にあたる印鑑で、領収書や見積もり書などに社名と共に押すなどして使います。

会社印・法人印について

会社実印(代表者印)

法務局へ「商業登記」を届けるときに登録した印鑑の事で、登録することで会社実印(登記印)としての役割を持ちます。代表者印とも呼ばれます。
サイズは16.5㎜~21.0㎜、18.0㎜が一般的となっています。
印鑑の外枠には会社名、商店名または団体名が入り、内枠には「代表取締役印」(株式会社、有限会社の場合)、または「代表者印」(合資会社、個人商店の場合)の文字が入ります。

印鑑の内枠を「取締役印」「会長之印」「部長之印」等の役職名に変える事で、代表者印とは別に、会社役職印として使用する会社もあります。


会社銀行印

会社が銀行に届ける印鑑のことで、会社が預金の支払いや手形・小切手に押印するためのものです。
取引銀行へ登録する際に使用するので、金銭関係で最も重要な印鑑となります。
会社実印と会社銀行印を併用することもできますが、破損や紛失などのリスク回避や安全性を考えて、分けて使うのがおすすめです。
サイズは16.5㎜~21.0㎜、16.5㎜が一般的です。
外枠には会社名が入り、内枠には「銀行之印」の文字が入ります。


会社角印

会社角印とは、会社実印よりやや大きめに作られることが多く、会社名のみを彫った四角い印鑑のことです。
会社実印と合わせて使われ、注文書などの社外文書の他、稟議書、契約書や領収書などに社名と共に捺印するものです。社印とも言われます。
会社や各種法人、事業所、店舗等の認め印としても利用されます。

会社、団体の権威と象徴表示する大事な印鑑なので他の印鑑より大きめに作られるのが一般的です。
サイズは18.0㎜~24.0㎜で、権威を示す印鑑として様々なサイズから選びます。
印面は会社名、会社名+部署名、商店名、団体名のみが一般的とされています。

印鑑のサイズについて

印鑑のサイズは目的によって書体やサイズが異なります。
印鑑のサイズとは印面の直径(φ幅:ファイ幅)のことを言います。

個人の好みにもよりますが、印材と同様、印鑑がその人の判断材料ととられる事もあるようなので、特に実印に関しては、より太く重々しいものを選ぶ方が多いようです。(男性18.0mm・女性15.0mm)。

すでに持っている場合は、自分や夫婦それぞれの実印・銀行印の太さとも比較して、区別のつきやすいサイズで選ぶのがおすすめ。
男性の方がより重々しいサイズを使用する傾向があるようです。

男女別 印鑑サイズの目安

実印

男性・・・16.5㎜、18.0㎜が人気
女性・・・13.5㎜、15.0㎜が人気

銀行印

男性・・・13.5㎜、15.0㎜が人気
女性・・・12.0㎜、13.5㎜が人気

認印

男性・・・10.5㎜、12.0㎜が人気
女性・・・10.5㎜、12.0㎜が人気

印鑑の材質について

印鑑の材質(印材)はとても種類が多いです。
お店によって取り扱っている材質も異なるので、特に一生ものの印鑑を作る場合は納得のいく印材を選びましょう。

材質の種類を大きく分けると、木材系、角・牙系、金属・樹脂系に分かれます。
また最近では天然石、人工石を使った宝石印鑑も登場しています。

根強い人気なのは黒水牛、アグニなど重厚感のある印材です。
捺印性・耐久性が非常に高いチタン印鑑は一生物の印鑑として愛用でき、実印や銀行印として人気。
女性用ではスワロフスキーやオパールが埋め込まれた見た目にも華やかでおしゃれな印鑑も人気です。

印鑑はめったに作り直すものではありません。
一度作ったら長く愛用するものでもありますので、耐久性に優れた印材を選ぶことをおすすめします。
こちらで紹介したはんこ通販サイトでは、印材によっては欠けた場合彫りなおしてくれるなどの保証付きのお店もありますので、ぜひ活用してみてください。

シャチハタとは

シャチハタと聞くとスタンプ台が必要ない、本体内部にインクが入っているハンコを思い浮かべると思います。
このようなハンコを総称して「シャチハタ」と呼ばれていますが、本来、シヤチハタ株式会社が製造・販売しているインク浸透印「Xスタンパー」が正式名称です。

宅配便の受け取り等で使うネーム印や、事務用品として活躍する角型印、丸型印、データー印(日付印)があります。
このほかにもシヤチハタの代表的な商品に、ダイヤルを回して日付を変更できるデーターネームや、上部にネーム印が付いたボールペンのネームペンなどが挙げられます。

でもハンコを求められたとき、場合によっては「シャチハタではなくて朱肉を使って押す印鑑でお願いします」「シャチハタは使えません」と断られた経験はありませんか?
シャチハタはそのまま押せて便利、使用方法や見た目も印鑑とそれほど変わらないですよね。
それでも使用できない理由とは。シャチハタと印鑑の違いは何でしょう。

シャチハタと印鑑の違いはこのような点が挙げられます。

構造と素材の違い

シャチハタの場合、ゴムに文字が彫られており、はんこの内部に詰めたインクが少しずつにじみ出る仕組みになっています。
いわゆるインク浸透印です。
ゴムは素材としては柔らかく、長年使っていると弾力性を失うなどの劣化もしてきますし、ゴムが傷付いて印影が変化することもあります。

中のインクは補充できますが、補充をしないと印影が薄くなってしまいます。
キレイに押せないからと言って力を入れて押すと、柔らかいゴムが変形して同じ印影にならないことも。

自治体ではんこを登録する場合は、ゴム製や合成樹脂などの変形しやすいはんこは登録できません。
印影が変形したことによってトラブルが起こることも考えられるので、変形する心配のないはんこでの登録を求められるのです。

シャチハタはインクを使用している

現在、ほとんどのシャチハタには顔料インクが使用されています。
インクには紫外線劣化が早いという欠点があり、紫外線によって印影が見えなくなってしまう場合があります。
押して数日ですぐに見えなくなってしまうわけではありませんが、長期間、何年も保存しておく書類などに使うのは危険です。

朱肉は鉱物性の原料を使っており、紫外線劣化にも強いです。長期間保存する書類でも安心して使うことができます。

また履歴書にも捺印する箇所がありますが、シャチハタを押していませんか?
履歴書にはんこを押す際は、シャチハタではなく朱肉で押印する認印のほうがおすすめです。
インクだと時間がたつと、押印した箇所が薄れてしまう可能性があるからです。
特にこれからお世話になろうとしている会社です。社会人のマナーとしても、消えてしまう恐れがあるシャチハタよりも認印のほうが好印象です。

大量生産による同型印が存在する

同型印とは、同じ印面を持つ印鑑のことです。
量産されているシャチハタも同型印が存在します。
そのため唯一性がなく、誰でも同じものを持つことができますね。
誰でも同じものが使えるので、実印に登録したり重要な場面で使用することは大きなリスクになると考えられます。

しかし大量生産により同型印があることで、どこでも同じ印鑑を購入できるというメリットがあります。
また量産されているので価格も激安に。
シーンによって使い分けることを考えればシャチハタも有効に使えますし、宅配便の受取などの家庭用、事務用品としても大活躍!家でも一つ持っておくと便利ですよ。

後払いについて

後払い決済とは通販サイトで注文した商品を受け取った後に支払いをする決済方法です。
そのため商品を受け取る前や、商品発送前に支払いをすることはありません。

また後払い決済ではクレジットカードは不要です。
クレジットカードを持っていなくても利用できます。

後払い決済サービスの利用条件

後払い決済を利用するにはいくつか条件があります。
条件を守って正しく利用しましょう。

手数料について

後払い決済には利用手数料が発生します。
だいたい200円〜300円程度に設定されていて、ショップごとに金額は異なります。
一部のショップでは無料としていることもあります。
手数料は支払い金額に加算されるため、手数料だけ別で支払うことはありません。

支払い場所について

後払い決済サービスを利用した時の支払い場所はコンビニ、銀行、郵便局です。
他にもショップによってはスマホアプリから決済ができることもあります。

支払い期限について

後払い決済の支払いには期限日が設けられています。
後払いの請求書発行日から14日以内となっていることが多いですが、ショップによっては異なる場合もあります。

支払い期限日内でしたら、いつでも好きなときに支払いができます。
支払い期限を過ぎないよう、早めに払っておくのがおすすめです。

もし支払い期限を過ぎてしまった場合、気づいた時点ですぐに支払いましょう。
未払いのまま放置していると、今後、後払い決済サービスが利用できなくなります。
そうならないよう、必ず支払いをしましょう。

上限金額について

後払い決済では利用可能な上限金額が設定されています。
いくらまで使えるのか、あらかじめ決まっているので、その範囲内で利用しましょう。
多くのショップで55,000円までとなっていますが、一部例外もあるのでご注意ください。

後払い決済で印鑑を買うメリット

クレジットカードや代引き、銀行振り込みではなく、後払い決済を使って印鑑を買うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
後払い決済を選択することで得られるメリットをご紹介します。

印鑑を受け取って確認してから支払いができる

後払い決済では支払い前に注文した印鑑を受け取って、印鑑を手元で確認することが可能です。
届いた印鑑の品質や材質のチェック、彫刻は正しいかなども確認できます。
問題なければ代金を支払いましょう。

もし不備がある場合は注文した通販サイトに連絡します。
返品や交換になった場合も、お金のやり取りをしていないので、煩わしい返金処理がないのも嬉しいですね。

安心安全に購入できる

印鑑は個人情報でもあるので、信頼できるショップでないと購入に不安があります。
ですが初めて利用するショップでは安心して購入できるかわかりません。
そのような時にも後払い決済は便利に使えます。

支払いをする前に印鑑を受け取ることができるので、確実に配達されますし、お金だけ騙し取られるといった被害にあうこともありません。
届いた印鑑の状態を確認することができるのも大きなメリットです。

忙しくて印鑑を作成しに出かける時間がない場合、どうしても通販サイトを利用することになると思います。
そのような時、どこで注文すればいいか迷ったら、より安心して注文できる後払い決済のショップをおすすめします。

注文時に支払いの負担がない

後払い決済を利用すれば、注文時に支払いをすることがないので余裕を持って印鑑を購入できます。
後日、支払い期限日までに払えばいいので、注文時に支払いの心配をする必要がありません。

大事な印鑑は後払いを利用して安心安全に購入しよう

印鑑は他の商品と比べて、より安心安全に購入したい商品です。
個人情報が含まれる商品なので、信頼のおけるショップを選びたいですね。
こちらでご紹介した印鑑の通販サイトは運営実績が長く、多くの人や会社に利用されています。
そのため安心して購入できるショップばかりではありますが、より安全に購入したい場合は後払い決済を利用することをおすすめします。

後払い決済には先ほどご紹介したような独自のメリットがたくさんありますし、手持ちのことを気にせず購入できるのも特徴です。
今すぐ注文したい時にも便利ですよ。

ぜひ印鑑の作成に後払い決済をご利用ください。